教育方針・特色

空のうさぎ保育園は、こんな思いで保育を行っています

保育理念

『子ども一人ひとりを大切にし、保護者からも信頼され、地域に愛される保育園を目指します』

うさぎイメージ

  • 児童福祉法に基づき保育を必要としている全ての子どもにとって、最善の利益を守り、もっともふさわしい生活の場を保障し、保護者・地域と共にその福祉を積極的に増進します。
  • 地域の子育て家庭に対して、専門機関などと連携を図りながら、保育の技術を生かし、地域に開かれた子育て支援の拠点としての役割を果たしていきます。

基本方針

うさぎイメージ

子どもから大好きといわれ楽しく通える保育園

  • 子どもにとって安心で居心地の良い環境の構成をします。
  • 子どもと職員一人ひとりが愛情に満ちあふれた信頼関係を築き、情緒の安定を図ります。
  • 子どもの豊かな心身の発達を図ると共に、子どもの個性、主体性、人権を尊重します。

保護者、地域から信頼され、共存、共栄できる保育園

  • 保護者の気持ちに寄り添いながら家庭との連携を密に行います。
  • 保護者及び地域の子育て家庭への不安、悩みなどを周知し、力を合わせ子育て支援に貢献します。
  • 地域社会及び公共機関との連携を密に行います。

専門性を身につけた職員のいる保育園

  • 職員が主体的に専門職としての知識と技術を学び実践して行きます。
  • 職員一人ひとりが見聞を広め社会性と良識を磨き自己研鑽します。
  • 職員は子どもの成長を温かく受容し、発達に必要な環境を構成し応答関係の中で援助を行います。

保育目標

うさぎイメージ

  • 挨拶のできる子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 心身ともに豊かな子ども
  • 意欲をもつ子ども
  • 自分で考えて行動できる子ども
^